心の悩みの解決法

診察

事前にしっかりと学ぼう

鬱や躁状態といったいわゆる心の病を抱えてしまうと、完治までに多大な労力が必要となります。それは費用面であったり精神面であったりと、多方面から問題が発生します。しかし実際に当事者になってしまうと、それらの情報収集をうまく行えず、更に治療が長引いてしまう可能性も少なくありません。そのためまずは病を抱える前にしっかり情報収集を行っておく事が重要です。躁状態や鬱状態の治療は主に投薬に寄って行われます。そのため基本的に健康保険の対象となる他、障害者手帳等があれば非常に安価な価格で治療を受けることができます。1回あたりの金額は1千円前後で済むことが多いため、気兼ねなく治療を受けることができます。しかし場合によっては自費診療となる投薬やカウンセリングなどを利用することもあり、1回あたりの金額が大したことがなくても、続けて利用することで重い負担となってしまうこともあります。自費診療となる場合は基本的に事前説明で見積もりを行ってくれるため、その結果を元に医師と治療計画を立てていくと良いでしょう。特に躁状態や鬱状態では正しい判断ができない場合も多いため、治療の説明などを受ける際は親族や信頼できる友人などに同席してもらうと良いでしょう。自費診療の場合は1回あたり5千円から1万円、場合によってはそれ以上の費用が必要となることもあります。最近では躁状態を始めとする心の病向けの生命保険を提供している業者も多いため、いざというときに備えて加入しておくのも一つの手です。一度病を抱えてしまうと加入できないことがある点についても留意しておかねばなりません。自身が患ったときだけでなく、他者が患ったときに備えて、躁状態の対処法についても知っておくと良いでしょう。まずそもそも躁状態についてですが、一見すると陽気になり、少し浮かれているように見えるのが特徴です。そのため知識がなければ機嫌が良いだけのように見えますが、ひと目を気にせず大声で歌ったり、踊りだしたりすることがあります。また同じ話を大きな声で何度も話したり、人にお金や物をあげようとしたりすることなども症状として現れます。また逆に、人によっては暴言やいらつきなどが症状として現れることもあるため、なかなか見分けることが難しい場合もあります。どんな躁状態の対処法ですが、まず自ら行う場合、とにかく落ち着くことが重要です。一旦落ち着き自分を冷静に見直し、自身が躁状態であると認識を行う必要があります。また自身だけで行うことが難しい場合は、投薬などを行うことも重要です。ただし用法用量に沿って投薬する必要があるため、どうしても耐えられない場合は担当医に相談すると良いでしょう。次に他者が躁状態となった場合もとにかく落ち着かせる事が重要です。しかし無理に意見を押し付けたり、否定したりしてしまうと更に症状が加速してしまう可能性も少なくありません。そのためあくまで落ち着かせることを念頭に置き、行動する必要があります。ただし一人だけではうまく対処できない場合もあるため、できれば2人以上で落ち着かせると良いでしょう。場合によっては通院時に同行し、医師にどのように対処を行ったらよいのかを聞いておくのもおすすめです。

女性

適切な病気への対応

元気なので一見問題がなさそうな躁状態の方は、反動で急激に落ち込む可能性があるため気をつけなければいけません。躁状態になると治療を拒否するなどの行動をしてしまうので、周囲の人が協力して対応する必要があります。

詳しく見る

看護師

怖がらなくてもよい病気

元来の性格やキャラクターだと思われがちな躁状態ですが、躁は病気の一種ですし、病気だからこそ治療方法や対処方法もいくつもあります。診察をうけること、また医師や周囲と連携を取りながら病気と向き合っていくことが大切です。

詳しく見る

鬱

ハイテンションな病相

双極性障害は躁状態とうつ状態、寛解期がランダムに現れます。躁状態は極めて活動的な状態ですが、借金で首が回らなくなるような事態に陥り社会的信用を失うこともあります。早めに治療を始め、症状が落ち着いても予防に注力することが重要です。

詳しく見る

人気記事

女性

適切な病気への対応

元気なので一見問題がなさそうな躁状態の方は、反動で急激に落ち込む可能性があるため気をつけなければいけません。躁状態になると治療を拒否するなどの行動をしてしまうので、周囲の人が協力して対応する必要があります。

詳しく見る

看護師

怖がらなくてもよい病気

元来の性格やキャラクターだと思われがちな躁状態ですが、躁は病気の一種ですし、病気だからこそ治療方法や対処方法もいくつもあります。診察をうけること、また医師や周囲と連携を取りながら病気と向き合っていくことが大切です。

詳しく見る

鬱

ハイテンションな病相

双極性障害は躁状態とうつ状態、寛解期がランダムに現れます。躁状態は極めて活動的な状態ですが、借金で首が回らなくなるような事態に陥り社会的信用を失うこともあります。早めに治療を始め、症状が落ち着いても予防に注力することが重要です。

詳しく見る

Copyright© 2018 躁状態と鬱状態について知ろう【完治までに多大な労力が必要】 All Rights Reserved.