ハイテンションな病相

鬱

双極性障害の注意点

うつ状態だけが現れる精神障害をうつ病に分類し、定期的に躁状態も現れる場合は双極性障害に分類されます。躁状態は普通の人にはないほど気分が高揚し、おしゃべりが止まらなくなったり、時間に関係なく電話をかけまくったりします。また才気煥発な状態になり、ほとんど眠らなくても素晴らしいアイディアが次々と浮かび、活動的になることも多いです。それだけならまだ良いのですが、イライラすることが増え、自制心を失っている状態なので、ギャンブルや借金に手を染めて社会的信用を失ってしまう場合があります。さらに重症になると妄想や幻覚、幻聴などが出てきて、神がかり的なパワーが宿ったように考えがちなため、病気であることに気付くのは難しい状態です。家族などが尋常でない様子に気付き受診を勧めても、病気のわけがないと否定するケースも少なくありません。このように、病相がはっきりと出ている場合は双極?型障害といい、軽躁状態の場合は双極?型障害といいます。双極?型障害は単なるうつ病で、軽躁状態に入ると「調子が良くなった」と感じる程度の状態となります。ただ、やはり周囲の人から見ると普通の状態でないことが多いです。人間関係に亀裂が入るほどのことはありませんが、注意力や集中力が散漫になり、仕事に影響が出る場合も少なくないです。双極性障害はうつ状態と躁状態、寛解期の時期が代わる代わる訪れますが、周期はランダムで規則的ではありません。一年間で4回以上病相が切り替わる場合は、急速交代型と言われ、人によっては一晩で病相がシフトします。急速交代型の双極性障害では、普通の状態に戻る寛解期がないので、脳や体が休まらずに大変な負担がかかります。そして、財産を失い家族崩壊となることもしばしばあるため、いち早く治療を始めることが重要です。もちろん急速交代型でなくても、治療が遅れて良いことはありません。しかし、躁状態のときに受診すれば医師も間違うことはないのですが、うつ状態のときに受診して躁状態の経験を伝えずにいると、うつ病と診断されることがあります。長らくうつ病の治療をしていたが中々よくならないという場合は、双極性障害の可能性を否定できません。患者自身は躁状態に気付いていない場合が多いので、様子を知る身近な人が一緒にカウンセリングを受けてあげたいところです。双極性障害の治療は、薬物療法と精神療法を併せます。双極性障害に対する抗うつ薬の効果は証明されていないので、うつ状態のときであっても基本的に処方されません。使われる薬は気分安定薬がメインで、中でもリチウムが治療にも再発予防にも効果的です。ただ、服用し始めに下痢や食欲不振などの副作用が出やすいため、ひどい場合は医師に相談します。再発率の高い双極性障害は、予防にも注力することが大切です。寛解期が長くなると治ったように感じますが、精神障害は原因が明確になっていないため、まだ根治できる病気ではありません。ですから、いかに病相を出させないで過ごしていくかということを考え、予防を図るのです。自分で勝手に薬を中止してしまうと再発リスクが上がるので、注意が必要です。

Copyright© 2018 躁状態と鬱状態について知ろう【完治までに多大な労力が必要】 All Rights Reserved.